激安で済ませたいならココ!評判の葬式会社ランキング

HOME > 葬式情報 > お布施の金額の相場はいくら?

お布施の金額の相場はいくら?

 葬儀でいちばん気になる大きな問題点のひとつが費用です。葬祭業者に支払う費用、飲食接待費や香典返しなどの中で特に悩むのがお布施かもしれません。仏式でいうとお布施は本来在家の信者が行う修行のひとつとされています。見返りを期待することなく、自分の持っているものを他人に与えるという意味合いがあります。しかし、現在は一般的には仏事謝礼として僧侶に渡す金品のことがお布施だと多くの人が認識しています。
また、出家者の手助けをするという精神的な意義も持ち、これは寺院の維持に貢献するという意味にもなっています。お葬式の際は臨終の際の枕経、お通夜、告別式、初七日と故人の弔いを寺院にお願いする場合には、それ相応の金額を包んで渡す必要があります。そしてお布施の本来の意味からするとあくまで信者の好意ともなるため、その額ははっきりしているわけではありません。

 お布施は宗教、宗派、そして地方によっても異なります。はっきりと僧侶に金額の目安を聞くことも決して失礼にあたるわけではありません。しかし、いくら聞いてみたところで、お気持ちだけで結構ですという答えが返ってくることがほとんどかもしれません。
ここで大切なこととなるのが、寺院との普段からの付き合いだと言われています。長年お寺の檀家でいて、お墓参りなどに行くときには必ず挨拶をしているなど親しくしている場合、反対に檀家であってもお付き合いはまったくない場合など、お願いする際に気を使う点が異なることもあります。いずれにしてもお布施は避けて通ることができないと心得ておく必要があります。キリスト教や神式の場合もお布施は必要ですが仏式ほどではないようです。きちんとした決まりがないのがお布施ですがその目安はあり、それは戒名の種類に関係しています。

 仏式で葬儀を行う場合には戒名が付きます。戒名はもともと仏様の弟子としての名まえで、亡くなった後に授かるのが一般的となっています。戒名は故人の寺院への貢献度や信仰の深さ、社会的な地位などによって決まります。
そして、戒名には値段を付けることはできないとされています。そのため、料金として支払うのではなく、お布施として渡すようになっていると言われています。戒名の種類には、信士、信女、居士、大姉などランク付けされています。ランクによって来世に差が出るわけではないとされていますが、現実には戒名のランクによってお布施の額も異なっています。この戒名料と回向料を合わせてお布施とします。少ない場合は35万円くらいから多い場合には100万円以上になることもあるようですが、30万円から50万円くらい程度が相場となっているようです。

カテゴリー