激安で済ませたいならココ!評判の葬式会社ランキング

激安のお葬式がわかるランキングサイト

葬儀社も競争が激しい昨今、少しでもより良い提供と、さらに安さを売りにしているところがあります。利用する側としては、激安で良い内容であれば何よりもいいことです。葬儀のことであれば、葬式激安ランキングサイトで、じっくりと検討しましょう。

激安というからには、どこまで安くできるかが注目していきます。あまりにも寂しいものでは、物足りませんし遺族としても納得がいかないでしょう。だからこそ、葬儀社を比較するサイトを利用して、納得できる業者選びをしてください。

サイトの利用方法としては、まずは各社の基礎プランである内容を確認し、さらに基本金額を確認しましょう。そこから、オプションをつけるとしたら選び、その価格を計算していきます。1つのサイトでどれくらいかを基準にしていけば、内容が良く安い葬儀ができるかがわかります。ランキングはよりわかりやすく、掲載していますので利用してください。

小さなお葬式

総合評価 ★★★★★
利用満足度 ★★★★★
利便性 ★★★★★
掲載量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★

家計の事情というのは、どこでもある事であり、それが恥ずかしいという事ではありません。少しでも軽減したいし、これからの生活をしていく上ではやもえないことだってあります。そんな方に小さなお葬式では、激安なプランなうえにその家に合わせた葬式プランをおすすめします。

費用を激安で抑えたからと言って、故人への気持ちがかわるわけではありません。大きな葬儀をしたからといって、何かあるというわけではありません。葬儀というのは、気持ちを大事にすることがなによりも大切なことです。

小さなお葬式では、費用を抑えるためにさまざまなプランを用意しています。全国一般平均費用が百万を超えているのであれば、火葬式は20万円位ですみます。小さなお葬式は、負担をかけず安心して利用できる葬儀社でもあります。

公式サイトはコチラ

全国セレモニーネットワーク

総合評価 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
利便性 ★★★★★
掲載量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★

全国セレモニーネットワークは、大事な人が亡くなった時にでも迅速に対応し、葬式の世話をする会社です。仏教、キリスト教、信教など様々な宗派に合わせた祭壇作りを行います。無宗教の人でも満足するようなサービスの提供を行っています。

また、全国各地どこの地域でも対応が出来、サイトから近くの葬儀場を検索することも可能です。地域によって金額が変わるという事も無く、全国セットがお得です。48万円相当の金額の葬儀内容が24万円で出来るという事も強みです。

そして人が亡くなるという事は深夜になる事もあります。全国セレモニーネットワークは365日、24時間体制で受付を行っています。急ぎで式の段取りを決めたい場合にも対応できます。

公式サイトはコチラ

葬儀レビ

総合評価 ★★★★
利用満足度 ★★★★
利便性 ★★★★★
掲載量 ★★★★
サービス内容 ★★★★

身内が亡くなって葬式を挙げる必要性に迫られた場合にはどこの葬儀会社に依頼をすれば良いか変わらずに困ってしまうこともありますが、その場合には全国約400社の中から費用を比較できる葬儀レビを利用するのが良いです。

葬儀レビは一括して見積もりを出してもらうことができるのでとても便利ですし、10分ほどしかかからないので急いでいる人にとってはとても助かります。利用料も無料なのでお金のことを心配する必要がない点も大きな魅力です。

葬儀レビは24時間365日何時でもインターネットを使って一括して見積りを出してもらえるので利用している人が沢山いますが、フリーダイヤルを用意しているので分からないことがあれば早朝や深夜関係なく気軽に聞くことができます。

公式サイトはコチラ

いい葬儀

総合評価 ★★★★
利用満足度 ★★★★
利便性 ★★★★
掲載量 ★★★★
サービス内容 ★★★★

葬式に関連することでお悩みの方に向けたサイトが、いい葬儀です。こちらのサイトは日本最大級の葬式ポータルサイトであり、葬式に関する情報やお困りごと、更には急な手配等にも迅速に対応することが出来るサイトです。

24時間365日、通話料無料で相談することが出来るため、急に葬式を行う必要があった場合や相談まで様々なことに対応することが出来るため、いつでも安心して利用することが出来ます。また葬儀無料読本もプレゼントしているため初めての方でも安心です。

何をしたらよいのか急なことで分からない方が多くいます。しかし、いい葬儀を利用すれば専門のスタッフがしっかりとサポート・手配を行ってくれます。葬式に関連することはこちらのサイトを活用しましょう。

公式サイトはコチラ

シンプルなお葬式

総合評価 ★★★
利用満足度 ★★★★
利便性 ★★★
掲載量 ★★★
サービス内容 ★★★★

身内が亡くなったら葬式を挙げなければなりませんが、斎場を選んだり火葬場を手配するのは大変なので殆どの場合は葬儀会社に頼むことになります。ただ葬儀会社に頼むとなると費用がとてもかかるので大変ですが、シンプルなお葬式は葬式に本当に必要な最低限のものに絞ってくれるのであまり料金がかからなくて済みます。

シンプルなお葬式は400社の協力葬儀社と共に全国で葬儀を実施していますが、費用が安い上に分割払いも可能なので多くの人が利用しています。中には追加料金が発生する葬儀会社もありその場合にはトラブルになってしまいますが、シンプルなお葬式に依頼をすればそういった心配をする必要はないのでとても助かります。

シンプルなお葬式では24時間365日何時でも対応してくれる無料の相談窓口を設けているので、急に葬式を挙げる必要に迫られた場合でも心配することは一切ないです。また葬儀後に困ったことが発生した場合にはしっかりとサポートしてくれるので安心して頼むことができます。

公式サイトはコチラ

全日本葬祭業協同組合連合会

総合評価 ★★★
利用満足度 ★★★
利便性 ★★★
掲載量 ★★★★
サービス内容 ★★★★

全日本葬祭業協同組合連合会は、全国59の共同組合、1342の葬儀会社が加盟し、日本最大ネットワークを誇る葬祭専門事業者団体で、経済産業大臣の認可を受けており、多くの利用者の方々から、安心と信頼を積み重ねてきました。

全日本葬祭業協同組合連合会は、万が一の際の葬式や法事などの際に、恙なく事が進むように葬儀の事を気軽に相談出来る、フリーダイヤル開設する事によって、事前に利用者の不安を解消する事に、力を尽くしています。

また、全日本葬祭業協同組合連合会は、葬式や法事などの際に役立つif共済会を開設し、利用者の方々の間で非常に高い支持を受けています。またホームページでは、万が一の際に役立つお葬式お役立ち辞典を開設しており、非常に使えると高評価を得ています。

公式サイトはコチラ

葬式激安な費用と高い費用の相場

人によってお葬式のスタイルも違うので、お葬式にかかる費用にも違いがあります。
一般的には費用が安い葬式激安なプランが人気で、家族葬や直葬そして一日葬があります。一番安い葬式激安なプランであれば20万円くらいが相場で、このプランでは身内だけで行うタイプになります。
また一番高い費用の相場は800万円くらいで、お葬式にもピンから切りまであることがわかります。
お葬式の内訳では一番費用がかかるのが本体で、本体には葬儀会場や祭壇などの演出代が入っています。
それ以外にも戒名や読経の費用、そして食事や返礼品の費用がかかります。ですからお葬式では一番費用がかかる本体が大事で、本体の基本料金が安い葬儀社を利用するのがコツです。
また定額プランの葬儀社も増えてきており、追加請求がないので費用の負担も軽くて済むのでオススメです。


葬式激安なら1日葬のプランが人気

直葬と言う言葉や1日葬という言葉を耳にしますが、これらの葬儀は家族葬とは違う内容になります。
直葬の場合には火葬だけを行うので、人によっては葬儀がないので嫌がる場合もあります。そんな時には同じ葬式激安な内容でも1日葬がオススメで、1日葬ならお通夜だけを省く事が出来ます。ですからお通夜は遺族だけでするようにして、告別式と火葬を1日だけの葬儀で行うようにします。
これなら葬儀にかかる費用も比較的安価ででき、立派な祭壇や葬儀の演出もすべて含まれています。
また葬儀に必要なものすべてが含まれているので、追加料金が一切かからないのも魅力になります。ご遺体を乗せる寝台車やお棺、ご遺体に着せる仏衣一式やお棺用のお布団も揃っています。
また告別式でのスタッフや生花祭壇、会葬礼状や火葬場までの搬送のサービスも入っています。


葬式激安の対応が行われている葬儀場

葬式激安のサービスが提供されている葬儀場は、顧客からの問い合わせに応じて、多様なプランの提案をしており、事前に予算の都合について、担当者に伝えておくことがおすすめです。
特に、なるべく葬儀にお金を掛けたくない場合には、通夜や告別式などのない、シンプルなお別れ会などをするだけのプランを選択することも良いでしょう。
最近では、葬式激安の予約の仕方について関心のある消費者が少なくありませんが、都市部を中心に展開されている葬儀場に関しては、ネット上で簡単に申し込みができるところがあるため、親族間で話し合いながら日時を決めることが大切です。
葬式激安の料金の相場は、各地の実情によるものの、おおむね5万円から15万円程度に設定されることが多くあります。
なお、オプションの有無によって料金が変動することがあるため、信頼のおける担当者と相談をすることが重要です。

カテゴリー